お客さまとのお約束

私たちは、保険を販売することを第一の目的としません。

「保険は問題やリスクを回避する手段」として位置づけます。

「本当に保険が必要なケースか」

「保険で備えることが適しているのか、他に備える方法はないのか」 「保険は万能ではない」

これらのことを自分自身に投げかけながら、お客さまと面談していきます。

「お客さまのことを知らなければ最適なご提案・ご案内はできません。」私たちの仕事はお話しを聞くことから始まります。

1.損害保険、満期時の対応について

お客さまとお会いすることを基本とします。補償の重複やモレを毎回確認し、万全な補償に近づけていきます。

満期はお客さまとお会いできるとても良い「機会」です。非対面募集は例外として位置づけます。

残念ながら非対面募集となってしまった場合、次年度は必ず面談させて頂きます。

2.損害保険、事故時の対応について

自動車、賠償責任など、第三者が関わる事故については、現場急行・24時間以内面談を基本とします。

財物(車両単独等)に関する事故については、3日以内面談を基本とし、お客さまへ安心をお届けします。

風災発生時には、「台風あんしんコール」で先手の行動を実施し、お客さまの無事を確認させて頂きます。

3.生命保険、契約後の対応について

生命保険のみお預かりしているお客さまには、契約内容の振り返り、生活環境の変化の確認等、

一年に一度お会いすることを基本とします。

給付金請求の失念等がないかも合わせて確認させて頂き、契約後のフォローを続けていきます。

4.生命保険、給付金・保険金請求時の対応について

お客さまの元へ駆けつけ、請求のフォローをさせて頂きます。保険の出口を大切にします。

外販部隊の訪問、もしくはご都合宜しい際に店舗へのご来店を選択して頂きます。

なお、生命保険金は「被保険者から預かった最後のラブレター」と共にお届けに参ります。

第一分野(生命保険)をお預かりする際、お客さまの大切な人を想いカードを書いて頂きます。

タイトルとURLをコピーしました