プライバシーポリシー / FD宣言


プライバシーポリシー(個人情報保護基本方針)

株式会社フォーカス(以下、「当社」と総称します)は、保険代理店業の運営に当たり、お客さまへサービスを提供する中で個人情報を保護することが当社の社会的責務と考え、個人情報の保護に関する法律(個人情報保護法)その他の関連法令・ガイドラインを遵守して、以下の個人情報保護方針を定め、これを実行しかつ維持します。
当社はこうした個人情報の取り扱いと保護について全社的に取り組んでいくため、個人情報の取扱いに関する苦情・相談に迅速に対応するためのルールと手続きを定め、個人情報に接する機会のある全ての従業者に教育をし、ルールの遵守状況をチェックし、一連の仕組みの改善を続けます。
以下の基本方針を定め、個人情報保護に努めてまいります。


1.個人情報の定義
当社では、個人情報を以下のように定義しています。
個人情報がプライバシーを構成する重要な情報であると深く認識し、すべての個人情報に関して、個人の人格尊重の理念の下に慎重に取り扱わなくてはならないと考えます。
個人情報とは、個人に関する情報であり、当該情報に含まれるお名前、生年月日等により個人を特定できるものをいいます。


2.個人情報の利用目的
当社は、個人情報を次の目的のためにのみ利用します。利用目的の変更は、原則は書面等による通知、または店舗に掲示等により公表します。
(1) 利用目的
 1.当社の事業に関する商品・サービスの提供
 2.当社の事業に関係する取引先(保険会社等)への見積り・資料請求の取次ぎ
 3.ご本人さまの確認
 4.当社並びに当社の関係会社(子会社等)、提携会社及び取引先(保険会社等)の事業に関する新商品・新サービスの検討、開発
 5.当社並びに当社の関係会社(子会社等)、提携会社及び取引先(保険会社等)の事業に関する商品・サービスに関する情報のご案内
 6.当社事業における営業・勧誘方法の研修及び適正化のための従業員教育
 7.当社事業に関する市場調査その他の調査研究
 8.経営分析のための統計数値作成及び分析結果の利用
 9.個人情報保護法に基づく開示請求等への対応、並びに個人情報の取扱に関する監視及び監査
 10.当社並びに当社の関係会社(子会社等)、提携会社及び取引先(保険会社等)に おける契約関係の管理
 11.その他当社事業に関連・付随する業務
 12.下記 4.記載の第三者提供
(2) 利用目的が法令により限定されている場合
保険業法施行規則第 53 条の 10 に規定する「機微(センシティブ)情報」については、同条及び同規則第 237 条第 1 項第 17 号並びに「金融分野における個人情報保護に関するガイドライン」に基づき、業務の適切な運営の確保その他特に必要と認められる目的に利用目的が限定されており、当該目的以外には利用しません。


上記の利用目的を変更する場合には、その内容をご本人に対し原則として書面等により通知、または店舗に掲示等により公表します。


当社に対し保険募集業務の委託を行う保険会社の利用目的は、それぞれの会社のホームページ(下記)に記載してあります。
■アクサ生命保険株式会社(https://www.axa.co.jp/
■朝日生命(https://www.asahi-life.co.jp/
■東京海上日動あんしん生命保険株式会社(https://www.tmn-anshin.co.jp/
■オリックス生命保険株式会社(https://www.orixlife.co.jp/)
■SOMPO ひまわり生命保険株式会社(https://www.himawari-life.co.jp/
■ソニー生命保険株式会社(https://www.sonylife.co.jp/)
■ジブラルタ生命保険株式会社(https://www.gib-life.co.jp/)
■日本生命(https://www.nissay.co.jp/
■三井住友海上あいおい生命保険株式会社(https://www.msa-life.co.jp/
■メディケア生命保険株式会社(https://www.medicarelife.com/
■はなさく生命保険株式会社(https://www.life8739.co.jp/
■メットライフ生命保険株式会社(https://www.metlife.co.jp/
■東京海上日動火災保険株式会社(https://www.tokiomarine-nichido.co.jp/
■AIG 損害保険株式会社(https://www.aig.co.jp/sonpo)
■日新火災海上保険株式会社(https://www.nisshinfire.co.jp/


3.個人情報の安全管理について
当社は、お客さまの個人情報を適切に管理し、不当なアクセスや個人情報の紛失、破壊、改ざん、漏洩等に対する予防措置および安全対策を講じます。万が一、問題等が発生した場合は、速やかに適切な是正対策をします。


また、個人情報の保護と適切な取り扱いに関する社内教育を継続して実施してまいります。
個人情報取り扱いに関する従事者の役割・責任・権限については、個人情報取扱管理者業務規定により定めます。


4.個人情報の第三者への提供
当社は、次の場合を除き、個人情報をいかなる第三者にも開示いたしません。
(1)直接書面で本人から同意を得る場合
 ①本人が署名又は記名押印した同意する旨の文書「個人情報の取り扱いに関する同意書」を受領し承諾した場合。
 ②本人からの同意する旨のメールを受信した場合。
 ③本人による同意する旨の確認欄へのチェックした場合。
 ④本人による同意する旨のウェブ画面上のボタンをクリックして承諾を得た場合。
(2)ご本人からのお問合せ等の内容から、当社や回答または対応することが適切と当社が判断した場合
(3)ご本人に明示した収集目的の実施のために、事前に機密保持契約を締結した業務委託会社や協力企業に対して開示する必要がある場合
(4)個人を識別できない状態(統計的資料等)で開示する場合

5.個人データの委託について
当社が保有する個人情報を第三者に提供または処理等を委託する場合は、個人情報取扱規定に基づき、提供先または委託先の選定に十分配慮するとともに、当社における取り扱いと同様に適切で確実な保護措置を講じるよう、必要な監督等に努めます。


6.個人情報の開示等の要求
お預かりしている情報が開示対象個人情報に該当する場合には、個人情報保護管理者まで電話にて個人情報の開示等を要求してください。
個人情報の開示等とは、「利用目的の通知」「開示」「訂正、追加又は削除」「利用又は、提供の拒否権」がこれに該当します。


7.個人情報に関するお問い合わせについて
当社は、お客さまがご自身の個人情報の照会・修正・削除などを希望される場合には、当社の所定の手続きに基づき速やかに対応致します。


8.法令・規範の遵守と見直しについて
当社は個人情報に関して適用される法令・規範を遵守し、個人情報保護の取り組みの継続的な改善・向上に努めます。


2019 年 10 月 1 日改訂
株式会社フォーカス
代表取締役 沢田 龍
(所在地) 沖縄県浦添市牧港 4-16-5-3F
(個人情報管理者) 個人情報保護管理者 :沢田 龍
(電話番号) 098-943-0559
(受付時間) 午前 10 時 00 分~午後 6 時 00 分
(メールアドレス) info@h-focus.com


FD宣言(お客さま本位の業務運営に係る取組内容)

株式会社フォーカス(以下、「当社」といいます。)は、金融庁が浸透を目指しているフィデューシャリー・デューティー宣言(お客さま本位の業務運営に関する原則)が公表された事から複数の保険商品を取扱する総合保険代理店として、地域の皆さまに密着し常に必要と思われるコンサルティングサービスを提要していくために、以下の方針を制定し公表致します。

1.お客さま本位の業務運営

当社は、創業以来、凡事徹底+α以上のサービスを提供する事を目指し、お客さま本位の経営・営業・アフターサービスを追い求め、質の高い状況提供および品質の向上に取り組んで参りました。

今後も、現状に満足することなくすべての分野において向上を目指して参ります。

2.保険商品のご案内

 当社は、複数の保険会社の商品を取り扱う総合保険代理店として、法令を遵守し、以下の事項を徹底するように努めてまいります。

・常にお客さまひとりひとりのご意向の確認を徹底しご納得頂けるまで最適なプランのご提案を実施致します。

・常にお客さまひとりひとりの経済状況、知識、経験および商品の加入目的を総合的に勘案し適切な相談業務を実施致します。

・商品提案については、販売商品の動向や販売実績などの検証を適切に行なってまいります。

・保険相談のプロセスについて(別紙)生命保険募集の流れに則り、適切に実施して参ります。※生命保険募集の流れ参照。

・商品内容、仕組みおよびリスク内容について十分な説明を行い、ご理解頂けるよう「契約概要」「注意喚起情報」等の説明を行う様に努めてまいります。

・アフターフォローとしてご契約後、保険証券の内容確認を行い、ご加入頂いた保険商品に相違がないかの検証をお客さまと行っていきます。また、お客さまに定期的にコンタクトを取り保全手続き等のサポートサービスを実施して参ります。

3.教育の推進

 当社では、上記1,2を実践していくにあたり、必要な人材教育に努めてお客さま満足度の向上努めて参ります。

・入社時においては、当社で定めた新人研修を実施し、質の高いご提案業務を実施出来る体制を強化しております。

・定期的な研修会を実施し常にスキルアップを図って参ります。

・FP等の資格取得を推進しており、保険商品以外の金融商品全般までアドバイス出来るように強化して参ります。

4.店舗づくり

 当社は、お客さまにいつでも気軽に相談に立ち寄って頂ける体制を構築する様に努めます。

・日常生活の中で気軽にご来店頂ける様な交通の便や立地をはじめ必要と感じられる場所への立地選定を目指した店舗作りに努めます。

・明るく、清潔感のある店舗づくりに努めます。

5.利益相反の適切な管理

当社は、お客さまの利益を不当に害する恐れのある取引を適切に把握・管理する体制を整備し、維持・改善に努めて参ります。

6.お客さまの声を経営に活かす取組

 当社は、お客さまの要望に、誠実かつ迅速にお応えするとともに、お客さまの声を大切にし、業務運営の改善に努めて参ります。

7.方針の浸透に向けた取組

 当社は、当社社員があらゆる業務運営においてお客さま本位で行動していくため、毎月の研修会の実施やそれぞれの習熟度にあった研修を実施する事により当社方針の浸透に向けた取組を進めて参ります。

2018年11月1日

株式会社フォーカス


2019年度お客様本位の業務運営に関する取組状況について

 株式会社フォーカス(「ほけんプラス」運営会社 代表取締役 沢田 龍)は、2019年度における「お客様本位の業務運営に関する取組の実施」に関する取組状況をまとめました。

当社は、これからも地域に根ざし、お客様にとって身近で相談しやすく最良の保険代理店であり続けるために、毎年取組内容を開示しております。

■お客様にとって最適な商品を提供するため委託保険会社数

生命保険:12社

損害保険:3社

2019年度に生命保険2社、損害保険1社が新規増加しました。

この増加により更に保険商品の充実し、お客様の意向にあった商品提供が可能となりました。

■お客様への最適なコンサルティング・情報提供をするための知識習得

当社では、幅広い最適なコンサルティングや情報提供を行うために、FP技能士の資格取得を推進しております。

FP資格保有率:66.6%

■KPI指標

自動車保険における更改率が目標値を下回っていますので、損害保険の営業体制の見直しを実施し、更改率向上を図って参ります。

【参考:お客様本位の業務運営に関する取組内容】

  • お客様本位の業務運営

 当社が「保険の専門家として、お客様に期待以上の安心をお届けすること」が出来ているかを 総合的に判断するための指標(KPI)として、「新契約取扱件数」「生命保険継続率」「自動車保険更改率」「お客様の声件数」の4つを設定、公表します。

また、お客様満足向上に繋がる施策を実施した際には随時公表します。

取組内容

  • 新規取扱件数(生保・損保・合計)

新規契約数はお客様からの評価と考えられるため

  • 生命保険継続率 目標設定値 90%以上

お客様と長期に渡る接点が必要な保険では継続率は重要であり、率が高いと言うことはお客様からの評価があると判断できるため。

  • 自動車保険更改率 目標設定値 85%以上

お客様と長期に渡る接点が必要な保険では継続率は重要であり、率が高いと言うことはお客様からの評価があると判断できるため。

  • お客様からの声件数

2020年6月16日

株式会社フォーカス

タイトルとURLをコピーしました